小正月

季節の風物詩 comments(0) - town21

1月15日は「小正月」です。

 

▼以下、抜粋。

「望(もち)の正月」とも呼ばれる小正月には、

焼かない餅を入れた小豆粥を食べる地方が多い。


また、

みずきや柳の枝に紅白の餅などを飾りつけた

「餅花」や「繭玉」を飾って豊作を祈ったり、

粥を棒や竹でかき混ぜて付いた飯粒の数で


豊凶を占うなど、

農耕に関する行事が多い日。


▲抜粋、ここまで。

 


農業と結びついた祭事でもあるのですが・・

地方によって、小正月の過ごし方が違うようですね。

 


そういえば、おとなりの三条市には、

小正月の飾りに欠かせない

まゆだまの伝統工芸が有名です。

 

 

 

 

ともかく、寒さもまだまだ続きます。

わたしとしては、

縁起かつぎに、あずきのお汁粉で寒さをしのぎたいトコですね。

 

タロとジロの日

記念日 comments(0) - town21

1月14日は「タロとジロの日」♪


南極の昭和基地に置き去りにされたカラフト犬、


「タロ」と「ジロ」の生存が


1959年(昭和34年)のこの日確認されたことからとのこと。♪

 


当時、このニュースはすぐに


観測船宗谷から日本へ伝わり、さらに世界へと広まり・・


この感動が人々の心を強くゆさぶったとのこと。

 

 

 

たしか感動的な映画も製作されてました。


「愛と希望と勇気の日」ともよばれてるようです。

 

言葉に出すのが ちょっと恥ずかしい気もしますが、


今後も、心に刻みつけておきたいとこですね。^^

 

とんちの日

- comments(0) - town21

1月9日は「いっきゅう」の語呂合わせから

「とんちの日」です。

 

一休さんといえば、

昔の書物からうかがい知れることに、

奇行が多かったそうです。

 


また、変った句も詠んでたそうで、

その一例として、

 


『門松は 冥土の旅の一里塚 めでたくもあり めでたくもなし』

 

などがあります。

 


もともと実在の人物だったことも奇跡ですね。♪

 

 

たまには

頭をつかわなければ、と思った日でした。^^

 

 

通信速度が遅いようだ。。

- comments(0) - town21

こちら新潟市西区・・

台風なみの強風が吹き荒れています。

 

そのせいかわかりませんが、

とても通信速度が遅くなっているようです。。(*>_<)o

 

 

追記:

一時停電しました。

ですが・・

UPS機器でパソコンつないでるので、

即パソコンを終了しました。^^

つめきりの日

記念日 comments(0) - town21

1月7日は「七草」ですが・・♪


「つめきりの日」でもあります。

 


古くから、

新年になって初めて爪を切る日は、

昔から「 七 草 爪 」といって


この日に決まっていたそうです。
 

 


なんでも・・


草を浸したお湯につめをつけて柔らかくしてから切ると、

その年は風邪をひかないといわれた・・とのこと。



ともかく、つめきりだけで風邪をひかないなら、

やってみましょう。


あと、七草がゆで今シーズンの風邪を予防したいトコですね。^^

 

1月の季節湯は「 松 湯 」

季節の風物詩 comments(0) - town21


朝晩寒いですが、

この時期の、夜の楽しみといえば「お風呂」です♪

 

日本のよき風呂文化・・

外国の方には珍しい「季節湯」の風習もあります。

 

今回は、季節湯の楽しみ方と、その効果をご紹介します。

 


1月の季節湯は「 松 湯 」

門松に通ずる「松」は「神を待つ木」の意味を持ち、

神霊が下界に降りてくる為の目印とされてます。

 

 

松に含まれる精油成分には・・

皮膚を刺激する作用があり、血行促進に効き、

松湯の風呂に入ると身体の隅々まで血液が循環します。

 

その結果・・

神経痛やリウマチに効き、肩こりや腰痛にも効果があります。

 

また、松の芳香に含まれる化合物は、

疲労感を軽くしてくれる働きがあります。


嬉しいですね。^^

 

 

ともかく今回は

「 松 湯 」でユッタリしましょう。

 

謹賀新年

季節の風物詩 comments(0) - town21

謹んで新春をお祝い申し上げます。


旧年中は一方ならぬお力添えを賜りましてありがとうございます。

本年もなお一層のご指導ご鞭撻を仰ぎたく、なにぶんよろしくお願いいたします。

 

 

 

冬至そして柚子湯

季節の風物詩 comments(0) trackbacks(0) town21

 

22日は冬至。
 
 
 

近頃はクリスマス行事に隠れてしまって

ちょっと影が薄らいだ冬至ですが、

暦の上では大事な基点。


 
 


この日を境として

新しい四季の巡りが始まる日ですから、

冬至にまつわる行事も多く残ります。


 
 


 
 
 

冬至は、太陽の南中高度が最も低くなる日で

暦の上では冬の極みなのですが、

気候的に考えると、

この日を境に寒さがつのる日でもあります。


 
 

いわゆる・・これから一層寒くなるということですね。

 

ゆず湯には、こんな寒い日々に風邪などひかず

元気に過ごせるように、と言う意味があります。


 
 



 
また、「ユズ」は「融通」に通じて、

お金の周りが良くなりますように、と言う願いも込められているとか。^^


今年は、ゆずの数を増やして入浴してみましょう。(^^)

 

浅草で羽子板市♪

季節の風物詩 comments(0) trackbacks(0) town21

12月17日から19日までは

東京の浅草で羽子板市が催されるようです。♪

http://www.senso-ji.jp/annual_event/21.html

 

いわゆる・・時事ネタや人気タレント、


スポーツ選手が羽子板にデザインされている、


冬の風物詩ともいえる行事ですね。

 

 


歌舞伎の藤娘や勧進帳などの伝統的な羽子板から、

 


今年話題の人物を描いたものなど


約5万本の羽子板が並び・・


約50軒の露店が連なり、深夜まで営業しているとのこと。

 

 


ともかく、

「邪気を跳ね返す」意味で来年もがんばりましょう。

 

 

奇術の日

記念日 comments(0) trackbacks(0) town21

12月3日は、手品の掛け声でよく聞く・・

ワン(1)、ツー(2)、スリー(3)で「奇術の日」です。♪

 


奇術は明治時代に生まれた言葉で、

手品は江戸時代の頃からだとか。

 

江戸時代には

多数の手品師なる「放下師」が

大道芸として手品を行っていたそうです。

 


そういえば、

プリンセス・テンコー、初代引田天功がおこなっていた

「脱出マジック」も過去にありました。


あれは「イリュージョン」とも呼ぶそうです。

 

 

そういえば、小学生のとき、

冬休みに「手品トランプ」を買ってもらった記憶があります・・。


子供心に嬉しかったですね。

 


今回は手品で周りを和ませましょう。

 

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM